2014年04月01日

2014年4月1日

桜

新年度の始まり、新たな勉強会も立ち上がります。
公共建築物の木造化の流れを受けての、
木造建物の構造設計の勉強会です。
耐震診断や耐震改修も手掛けてゆきます。
posted by 木の家大好き建築士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月05日

奈良紀行

2月28日、3月1日、私にとっては節目の日
一人、古都「奈良」をぶらり歩いてみました。
京都に降り立ち、まず寄ったのは伏見、
ここは鬼平犯科帳のバックにでてくる酒蔵を見に!

伏見酒蔵

午後から、いよいよ古都「奈良」へ、
伏見御陵前から近鉄で西の京へ、

薬師寺

薬師寺東院堂

歩いて唐招提寺へ

唐招提寺金堂

ここで約二時間を費やし、初日最後の訪問地「東大寺」へ

東大寺

東大寺二月堂

東大寺二月堂

夕日が差し込む二月堂の石段

二月堂石段

二日目は、朝から「法隆寺」へ
日本最古の木造建築物、時代の重みを感じる。

法隆寺境内

法隆寺金堂

法隆寺金堂

法隆寺五重塔

法隆寺五重塔

法隆寺で過ごした時間は約3時間、
千数百年の流れを感じるには、時間が足りない。

なぜかモノクロの写真が似合う古都「奈良」
もう一度訪れてみたい。

それぞれの寺社の写真はFacebookに掲載してます。

http://www.facebook.com/yasuo.yoshino
posted by 木の家大好き建築士 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月28日

木の教え

知っているようで知っていない「木」のこと。
再認識しました。

木造の建築物を設計するにも知っておかなければ
いけない基本的な「木の教え」

木の「元」「末」、「日表」「日裏」、「木表」「木裏」
「赤味」「白太」、「縦木取り」「横木取り」、「背割り」

「木」を知ることが、
「木の生かした家」の設計に繋がると思う。

塩野米松 著 「木の教え」
木の教え

posted by 木の家大好き建築士 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月18日

坂本一成「住宅―日常の詩学展」

昨日、岡山市デジタルミュージアムで開催されている
坂本一成「住宅―日常の詩学展」を見てきました。
その中で特に関心があった作品です。
木造の軸組です。コメントをする立場ではないので!
でも、このような木の使い方があるのかと勉強しました。

Hat1

Hat2

Hat3

Hat4

Hat5

Hat6

posted by 木の家大好き建築士 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月14日

今年も花を咲かせました

5年前に建築士事務所を開設した時に友人が持ってきてくれた
鉢植えが今年も花を咲かせました。

P4143692.jpg

大学からの友人で、結婚式の司会も務めてくれました。
ただ、その友人は昨年他界しました。

奇しくも来週が一周忌になります。

花を前に、その友人を偲びながら一人杯を傾けています。
心の中では、友人と一緒に杯を!
posted by 木の家大好き建築士 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月06日

筑後吉井の伝建地区の旅

4月4日からの博多への旅、
その二日目の5日に吉井町まで足を延ばしてみました。

1.JPG

福岡県内第1号の「伝統的建造物群保存地区」があります。
白壁の美しい町並みです。

3.JPG

6.JPG

3階建ての商家もありました。

7.JPG

最近では珍しい「くぐり門」

8.JPG

旧家も保存され開放されています。
「居蔵の館」

ikura-1.JPG

度重なる大火からの防火対策も含めて建てられた白壁土蔵の家々、
居室のある蔵ということから「居蔵づくり」と言われています。

この館に入って驚いたのが「大きな吹き抜け」でした。

ikura-3.JPG

神棚を祭るために造られたとのお話しでした。
ケヤキの8寸角の通し柱、尺4寸あるであろう大きな梁、
建具は当時とした大きく、6尺もあります。
全てが豪勢を極めています。

それと対照なのが、武家屋敷「鏡田屋敷」

kagamida-1.JPG

当主と家来達が集う広間、奥から位の高い人の順に
座っていたとお話しを聞きました。

当主が大の酒好きだっとかで、職人が遊びとこだわりで
盃と瓢箪とっくりを刻みこんでします。

kagamida-5.JPG

沢山の写真を撮りましたが載せきれませんでした。
写真は ⇒ Facebookをご覧ください。

posted by 木の家大好き建築士 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月07日

2012年初投稿

2012年が開けてから早1週間が経ちました。
近くの公園で撮った今朝の空です。

近くの公園にて

とても青く澄みきっていました。

年明けからセミナー(耐震診断・補強計画のセミナー)の原稿整理を
しています。
今年は、このテーマ(耐震診断、耐震補強)に重点に取組んでゆきます。
posted by 木の家大好き建築士 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月18日

昔の証し、見つけました。

40数年間の大学時代に出場した「明治維新百年記念野球大会」の記事に、自分の名前を見つけました。
広島六大学の選抜チームの一員として参加、1回戦で東京六大学の選抜チームと対戦。
先発ピッチャーとしてマウンドに上がりました。
2イニングを投げましたが、その証を見つけて昔を懐かしく思い、感慨に耽っています。

「神宮大会のさきがけ、“明治百年記念明治神宮野球大会”」
posted by 木の家大好き建築士 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月09日

管理建築士講習

今日、管理建築士の講習に行って来ました。

続きを読む
posted by 木の家大好き建築士 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月05日

可部夢街道

丁度1年前に「可部夢街道町並みづくり」の新聞記事のことをブログで紹介し、小学校に入学する頃に住んでいた町「可部」を歩きたいと思っていましたが、やっと1年後にぶらり歩いて来ました。

可部夢街道1

続きを読む
posted by 木の家大好き建築士 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月01日

温故知新

平成23年1月1日、63回目の新しい年を迎える。
今年のテーマは、「温故知新」

続きを読む
posted by 木の家大好き建築士 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月21日

「可部夢街道町並みづくり」

昨日20日の中国新聞に、可部の旧街道に残る古い町並みの景観を保存する住民組織が
あるとの記事がありました「可部夢街道町並みづくり実行委員会」→ 記事
"可部夢街道町並みづくりの会"
可部旧街道
(中国新聞より)
可部は小学校に入学した頃に住んでた町です(昭和29・30年?)。
今でも、その頃の思い出(蛍狩り、肝試し、小川での水遊び・・・)が胸をよぎります。
住んでいた家の前に、醤油?酒?の醸造元があり、よく遊びに行った記憶があります。
萩、内子の重伝建地区を見学し、また伝統構法を伝えたい思いに駆られ、活動の場所を
求めた時に出会った記事!
昔の記憶を思い出しながら、可部の町を歩いてみたいと思います。

posted by 木の家大好き建築士 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記