2013年01月02日

広島、歴史の散歩道「國前寺」

2012年12月31日、年末恒例の寺社巡り。
今年は二葉山山麓の七福神を巡ってきました。
その一つ、「國前寺」を紹介します。

國前寺本堂1

國前寺本堂2

國前寺本堂3

1340年、日像を師事した暁忍が「暁忍寺」として開山。
1656年、浅野藩の菩提寺となり「國前寺」と改名。
1945年、原子爆弾投下で被爆、爆風により傾いたが
     倒壊は免れる。
1993年、本堂及び庫裏が国の重要文化財に指定される。
この建物は、寺社建築ではなく城郭建築の手法が用いられている。

1995年、山門及び参道を構成する境内が、
     広島市の重要有形文化財に指定される。

國前寺山門1

國前寺山門2

國前寺山門3

國前寺山門4

國前寺山門5

國前寺山門6

山門は、1840年に建立。
山門の両脇には仁王様がある。

國前寺仁王1

國前寺仁王2

鐘楼は1906年に再建。

國前寺鐘楼1

國前寺鐘楼2

また、この二葉山山麓にある七つの寺社に七福神をお祭りし、
「広島二葉山山麓七福神」として参拝者が多く訪れている。
  鐃津神社   恵比寿天
  明星院 毘沙門天
  鶴羽根神社  弁財天
  広島東照宮  福禄寿
  尾長天満宮  寿老人
  國前寺    大黒天
  聖光寺    布袋尊

ここ「國前寺」には、「大黒天」が祭られている。

大黒天
posted by 木の家大好き建築士 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61173855

この記事へのトラックバック