2012年12月28日

古民家の改修

築90年を超える古民家の改修、
設計を始めてから約半年を掛けて工事が終了。
外観は漆喰塗りで仕上げ、玄関建具も木製の建具に新調。

改修後1

改修後2

改修前は、かなり傷んでいました。

改修前1

改修前2

入り口を入った土間も雰囲気を一新、
浴室・洗面脱衣室・トイレの新設、階段を付けた関係で
土間が狭くなったため、吹抜けを作り解放感を演出
照明器具はLED照明を採用

改修後3

改修前
改修前3

工事途中で、しろありの被害を発見。
足固め、大引、根太、柱などの取替に思わぬ費用が。

蟻害2

蟻害1

今回の工事は、内外装のリフォームと併せて耐震補強も実施。
建物に合った補強方法を取り入れました。
使用した部材(制震ダンパーなど)です。

耐震部材1

耐震部材2

耐震部材3

改修工事は新築のような訳にはゆかず、考えていた以上の
手間と工期が必要で、都度の打ち合わせも多くなります。

改修前の状態ですが、
改修前6

改修前7

改修前5

改修前4

改修前8

屋根も葺き替え、内装は漆喰塗りと水回りはクロス仕上げ、
天井は、小屋裏の床を兼ねる36o厚のJ-パネルを採用。

以前の梁の濃茶と内装の白、天井の木目が良いバランスに仕上がり、
小屋裏は補強も兼ねた壁一面のすぎの無垢材と、床材でとても
良い雰囲気に仕上がっています。

改修後4

改修後5

改修後9

改修後6

改修後7

改修後8

築90年を超える建物ですが、耐震補強を行い、キチンと
手を加えれば、これからも何十年を耐えうる建物になります。

最終検査に立ち会った際に、お施主の方(81才)から、
「このように綺麗にしてもらったんじゃけー、
   まだまだ長生きしていかにゃーいけんね」
と、おっしゃっていただき、やって良かったと実感。

posted by 木の家大好き建築士 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震診断・改修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61092263

この記事へのトラックバック