2012年10月20日

被爆建物の保存・活用

被爆建物

この建物は、1909年に広島水上警察署として建設されました。
被爆しましたが、爆心地から4.6q離れていたので倒壊を免れました。
戦後は、広島港湾事務所として使われていましたが、2010年からは
空き物件となっています。1993年に市の被爆建物に指定されています。

この建物が、商業施設などとして保存しながら活用することが検討され
ています。
なんとか原型を保ちながら被曝建物として、また思いを馳せるような
施設として活用されるように。

「被爆建物を商業施設利用へ(中国新聞掲載記事)」
posted by 木の家大好き建築士 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59384440

この記事へのトラックバック