2011年10月17日

いよいよ最後の仕上げへ

本日、残っていた外壁の漆喰塗りが終わり、内・外壁の仕上げが完了。
今週半ばから、住設機器の搬入・取付、外構の整備などの工事に入る。
11月初旬には、竣工の予定。計画よりは、少し早め!
ただ、今週は現場に行けない。
耐震セミナーの準備、古民家の改修など、忙しい時に限って仕事が重なる。
年中、暇を持て余しているのに、この時期重なるとは(ー_ー)!!
施工業者の皆さまに、現場お任せ!ご迷惑をお掛けします。
posted by 木の家大好き建築士 at 21:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 終いの棲家創り
この記事へのコメント
こんにちは、木造限界耐力について調べていたらこのブログにきました。建築士さんということで質問させていただきたいのですが、今度築100年ほどの木造平屋の住まいを耐震補強することになり限界耐力を知りました。紹介された建築士さんがこの平屋は通常の算定方法ではなくて木造限界耐力を用いてダンパーを使用した補強を検討しています。
ところが、別で知り合った地元のハウスメーカーにおつきの建築士さんはダンパーなんかでは数値が出ません、他の方法を考えますと言っていました。耐震補強をする際に基本的な算定方法として木造限界耐力以外に一般的なものは何があるのでしょうか?あと、木造限界耐力とは現在メジャーな算定方法として使用されているのでしょうか?よろしかったら教えていただけないでしょうか?
乱文にて失礼いたします。
Posted by ryo at 2011年10月18日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48906257

この記事へのトラックバック