2010年06月12日

左官さんの研修会に参加

(社)日本左官業組合連合会中国ブロック会主催の「伝統工法及び現代工法継承研修会」に参加してきました。日左連が全国10ブロックで開催されている左官職人さんの技術力の向上・継承のための研修会です。
中国各県より約100名の左官職人さんたちが参加されていて、また若い職人さんが多くおられたこと、中に女性の職人さんも数名いらっしゃったことに何かしら頼もしさを感じました。
午前中は、左官業の現状、パネルディスカッション、(社)広島県建築士会所属の下田さんの講演があり、午後は実技研修。
研修会1

研修会2

実技研修は「ドライウォッシュ工法」、水を使わずに「洗出し」を表現する工法。
若い職人さんたちが(私から見れば殆どが若い職人さんですが)、実技研修に取り組んでおられました。
研修会3

実技研修の成果です。

研修会4
今回の研修会の参加の目的は、いま設計している伝統構法による住宅に採用する土壁の知識を少しでも習得するためでした。
残念ながら期待していた土壁の実技はありませんでしたが、今回の研修会に参加して、左官業に携わる職人さんたちが技術向上に励まれている姿、また左官業が置かれている厳しい状況など少しは肌で感じることが出来た思いです。
伝統構法による住宅は高価であるという概念が建築士にも一般ユーザーのみなさんにもあります。でも日本の気候・風土にあった住宅は「伝統構法」による住宅と思います。見た目のデザインや、ユーザー受けするような機能偏重の住宅ではなく、本当に良いもの(当然クライアントが納得することは必要ですが)を、納得ゆくコストで提供するのも建築士としての仕事ではと思います。
いま設計している住宅は年内に着工予定ですが、この計画を是非とも成功させたいとの思いを強く感じた1日でした。
今回の研修会に参加させていただきありがとうございました。
最後になりますが、終了証書をいただきました。
終了証書
posted by 木の家大好き建築士 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38896435

この記事へのトラックバック